トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

リアリスト

リアリスト


登場人物
マルチェロ


「…くっ、油断したか」

テリーとハッサンへの奇襲に失敗したマルチェロはルイーダの酒場にいた。
傷を支給品の水で丁寧に洗い流しながら、マルチェロは顔をしかめた。
負傷箇所が両腕のためやりにくいが、
傷口が化膿したりすることを考えれば手を抜けない。

言い争いをしていたはずの青帽子とモヒカン頭の二人が、連携プレイを見せるとは思わなかった。
右腕をボウガンで撃たれ、左腕を切り裂かれ。
グスタフを保持することができずに取り逃がしてしまった。
――自信と過信。
強力な火器を手に入れた事で舞い上がり、己を見失ってしまった。

「この世界では臆病者だけが生き残れる…という事か」

マルチェロは昔読んだある小説のセリフを思い出した。やれやれ、自分がそんな立場におかれるとは。
まあいい、これからはこの両腕の痛みが、戒めとなってくれるだろう。

マルチェロ――彼はリアリストだった。
自分達に殺し合えとのたまったハーゴンの言いなりなど吐き気がする。
が、生き残れるのはただ独りだけなのだ。
そして自分はこんなふざけたゲームでむざむざ死ぬなんて御免だ。
ならば、よろしい。参加者では無くただの動く標的。そう思うしか無かろう。
ただしうかつに他の参加者を狩り出して回るのは危険すぎる。
こちらが奇襲を受ける恐れがあるからだ。
慎重に、臆病すぎるほど慎重に行動しなければ。確実に殺れるチャンスだけを狙って。

進む方向は決まった。
マルチェロはこれから自分が行う殺戮ショーを思い描いてニヤリと笑った。

「まずは鎮痛剤でも探すか…」


【E-4/アリアハン城下町/朝】

【マルチェロ@DQ8】
 [状態]:右腕に刺傷 左腕に矢傷
 [装備]:なし
 [道具]:84mm無反動砲カール・グスタフ
      グスタフの弾(榴弾×1 対戦車榴弾×2 発煙弾×2 照明弾×2)
 [思考]:ゲームに乗る(ただし積極的に殺しにいかない)


<<BACK [ 本編一覧 ] NEXT>>


-Aqua System 2007-