トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

狩り、再開

狩り、再開


登場人物
バーサーカー(DQ2)


夕陽を浴びて、川の流れが輝いている。
それはなかなか美しい光景だったが、そんなものには見向きもせず、その川の上の橋を渡る者がいた。

その名はバーサーカー。

バーサーカーはこの数時間、獲物を求めて平原を彷徨っていたのだが、偶然にも誰にも会わずに、
緑の魔物と戦った橋に戻ってきてしまった。

バーサーカーが誰にも出会わなかったこと。

それは他の全ての参加者にとって幸運だったが、バーサーカーにとっては不運以外のなにものでもない。
しかしバーサーカーには焦りも怒りもない。獲物が見えたら殺す。それだけ。
それに、バーサーカーにも収穫がなかったわけではない。平原で、ある「落し物」を拾っていた。

先刻、自分が一部を破壊してしまった橋を渡りきると、バーサーカーの視界に城が入ってきた。
城には獲物のいる可能性は高いだろう。「ギイイイイイ」と一声あげるとバーサーカーは走り出した。

と、次の瞬間、バーサーカーの異常なまでの視力が、何かを捉えた。
城から飛び出した、台のようなもの。その上に…
人が乗っているようだ。

バーサーカーの殺意は完全にそちらへ向いた。方向を変え、スピードを上げる。

これから先、日が沈んだら闇の世界。闇に目の効くバーサーカーは、ここからが真骨頂。
先程よりも、大きな声で、両手を挙げて、叫びながら、バーサーカーが駆ける。

左手には、破壊の鉄球。
懐には、ミラーシールド。

右手には、はかぶさの剣。


【D-4/南の平原/夕方(放送直前)】

【バーサーカー@DQ2】
[状態]:健康
[装備]:破壊の鉄球 はかぶさの剣
[道具]:ミラーシールド
[思考]:闘争本能のままに獲物を求める

※はかぶさの剣…破壊の剣の威力とはやぶさの剣の二回攻撃を併せ持つ。
  一度手放してしまうと効力を失ってしまう。
※足首の痛みはなくなりました。


<<BACK [ 本編一覧 ] NEXT>>


-Aqua System 2007-