トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

破戒僧の決意

破戒僧の決意


登場人物
ククール(DQ8)


ククールはナジミの塔のある小島から大陸に繋がる洞窟を歩いていた。
痛むのか、時折顔を顰めながら腹部を押さえる。
しかし、それでも決して歩みを止めようとはしない。
歩きながら、ククールは先刻のことを思い出し始めた。

ククールが目を覚ますと、そこには誰もいなかった。日は随分と高く昇っていた。
ククールは立ち上がった。腹部に鈍い痛みが走る。
そしてマントが無くなっていることと、それがあの戦士の上に被さっていることにほぼ同時に気付いた。
戦士は眠ったように横たわっている。その閉じられた瞼が開くことはない。
「そっか…。俺が死なせちまったんだったな…。あんたを」
ククールは暫く呆然としていた。
兄を止めるはずの自分が、人の命を救うべき自分が、人の命を奪ってしまったのだ。
「ははっ。…笑えないよな。あんたを助けようとして、あんたを死なせちまうなんて」

ククールは聖地ゴルドが崩壊したあの日のことを思い出していた。
あの時は数え切れない程のたくさんの人が死んだ。自分たちは彼らに対して何も出来なかった。
あんときゃ、流石の俺でも結構ヘコんだな。でも、あいつ、エイトは…俺の何倍もヘコんでたっけ。

――確かに俺らは何も出来なかったよ。

ククールはふと、思い出した。

――確かに俺らは何も出来なかった。でも、何もしなかった訳じゃない。
   俺だって後悔はしてる。…あいつのこともあるし。でも、いくら悔やんでも亡くなった人たちが戻ってくるわけでもない。
   …だから……

「いつまでも出来なかったことを悔やむより、今出来る何かをした方がずっとマシだろ、か」
ククールは、かつて自分が仲間に言った言葉をぽつりと呟いた。
自分で言って、今の今まで忘れていたあの言葉を。
「…なら、今の俺に出来ることはコレくらいかな」
そう言うと、ククールは近くに咲いていた花をアレンの傍に供え、祈った。

――祈りなんてただの気休めだ。

いつだか、そう言ったことも思い出した。
彼のために、などというのはただの名目で、本当に救いたいのは自分なのかもしれない。
でも。
これが、今の俺に出来ることだ。今の俺に、出来ることなんだ。

「お疲れさん」
祈りを終えたククールは彼に話しかけた。勿論、返事はない。
「俺は…あんたみたいな犠牲者をもう出さないためにも、出来る限りのことをやる。だから…こんなこと、俺が言うのもアレだと思うけど…」
そして、続けて言った。
「そこで、見ていてもらえるか?」
暫しの沈黙。そしてククールはその沈黙を破り、こう言った。
「ありがとう。…そんで…んと……ごめん、な…」
それから少し経った後、ククールはその場所を後にした。

ククールは洞窟を歩いていた。
あの小島でもう少し休んだ方がよかったのかもしれない。
けれど、そうしている間にも、誰かが傷ついていたり、殺されていたりするかもしれない。
何もしないでいるのだけは絶対に嫌だった。
俺は、俺に出来ることをする。そう…決めたんだ。
そして。
ククールはたった一人の家族である、腹違いの兄のことを思い出していた。
あいつを、止める。何が…そう、何があっても。
 


【E-3/岬の洞窟/昼〜真昼】

【ククール@DQ8】
[状態]:HP1/2 マホトン
[装備]:ビッグボウガン(矢 18)
[道具]:天馬の手綱 インテリめがね
[思考]:マルチェロを止める


<<BACK [ 本編一覧 ] NEXT>>


-Aqua System 2007-